読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的書きなぐりメモ

オタクイベントとか広島東洋カープとかについて書きなぐっていくそんな感じ

ラブライブの大会形式とかについて考えてみる

ラブライブ!サンシャイン!!も佳境に入った今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
僕は渡辺曜さんという万能性を秘めた逸材が曇っていくのが少しきつい感じがあります。
桜内ばっかり見てないでちっとは見てあげてくれんかのう…

 

さて、それはともかくラブライブ!やサンシャイン!!が人気なのはスポ根要素があるからだとはよく言われます。
しかし、ラブライブの大会形式って言うのがかなりあやふやなのはサンシャイン!!になっても相変わらずです。

現在わかっていることは

①インターネット上の公式サイトにPVを持ち寄って、それの人気投票でランクを決める(一期他より)

②関東地区か東京都には最終予選があり、地区上位4組によるライブパフォーマンスが行われ、そこでの勝者が全国大会進出(二期より)

③この他、東海地区あるいは静岡県にも全国へのステップとして予備予選が存在(サンシャイン!!より)

④優勝経験者のA-RISEにはプロからオファーがある≒スクールアイドルとは別にAKBとかそんな感じのアイドルが存在=基本ノンプロの大会と思われる(劇場版より)

⑤夏と冬か春の2回開催?冬には三年生も出場可能(二期より)

⑥5年目の大会になる≒過去8回開催?で、8回大会の参加組数は総勢7000組オーバー(サンシャイン!!より、参考までに高校野球の2016年夏の甲子園予選参加校は3874校)

⑦関東地区などではエキシビションが開かれるなど全国大会以外も盛んだが、一方で同じ地域にスクールアイドルマニアダイヤ様がいるにもかかわらず千歌や曜、音ノ木坂にいた桜内がろくに知らなかったように全国的に絶対的な知名度があるかは微妙(サンシャイン!!より)

⑧出場要件は不明。少なくとも男性アイドルグループが上位には来ていないので女子校・共学校の女子のみが対象?(共通事項、描写より推定)

⑨さらにアリサと雪穂、三年組卒業でμ's解散の描写からして中学の部は存在せず中学生は出場不可、大学生は出場資格がないか、大学は大学で別管轄の大会になる?(二期より推定)

(以上ラブライブ!は一期、二期、劇場版で分けて表記、サンシャイン!!はそのまま表記)

描写を信じるならこのくらいでしょうか。

…さて、一番の突っ込みどころはやはり⑥でしょうか。

・出場アイドル数多すぎ問題
詳しくは文科省のサイトにある文部科学統計要覧(平成28年版):文部科学省の一番上の学校教育総括を見ていただきたいのですが
もし、⑨の前提に立ち、高校生の部活限定の大会とすると各学校に出場アイドルが1組いたとしても4939組が最大となります。
この中には100校通信制が入っているので全日制限定とすると4839、更に⑧を前提とし男子校101校(ソースはこちらから日本の男女別学校一覧 - Wikipedia、共学予定表記など除外したものあり)を弾くと4729校から7000組以上が参加しているという事態になっています。
まあ、A-RISEの学校のようにプロ並みのレッスンを積ませて学校ぐるみでアイドルを育成している学校もあるらしいので
例えば10組位抱えていて競争の元に多数出しているような強豪校がかなりあると言えなくもないでしょうか。

…すると今度は①のインターネットサイトでの投票という予選形式が公平性を著しく損なっている可能性が出てきます。

・ルール無用?
μ'sに負けても頑張れ!と言えたA-RISEのような出来た皆さんばかりならこの世界は大変に平和なのですが
おそらくそんな人間ばかりではないでしょう。
劇場版位の時期の黎明期であればアキバを占拠してスクールアイドルの力を見せたいっていうμ'sの企画に乗ってくれるような心の広いアイドルが多いでしょうが
7000組以上も参戦しているなら、ろくでもない心根の連中がチヤホヤされたくて参加している可能性も0ではありません。
高校野球も大半は真面目な球児ですが一部クソみたいな心根の奴がいるわけで。

ツイッターやLINE的なサムシングとかそういうところで熾烈なネガキャンが発生したり
多数の有力アイドルを抱える校内では派閥ができてラブライブ前は取り巻きやらなんやらでギスギスしたり猜疑心で満ち溢れ
スキャンダルリーク合戦などが勃発するなどすさまじい光景が学校内で発生する可能性も有り得ます。センテンススプリング!

さらにツールを使って投票数や動画再生数を跳ね上げて全然能力的に劣るアイドルをいたずらで上位に上げたりするだとかそういう事態もありえない話ではありません。
現実ではそうやっていたずらで投票数を伸ばされたコイルや川崎憲次郎さん、元祖田代砲田代まさしら被害者はそこそこ存在します。
運営がよっぽど有能じゃないと公平性を持った予選にならないんですが大丈夫なんでしょうか…

・全国津々浦々
さて、強豪校がそれこそ沢山のアイドルを抱えて出場させていたとしても、全国津々浦々に1組はいないと7000はまず越えられないでしょう。

しかしμ'sの母校に居ながらスクールアイドルを全然知らなかった人だっているわけなので
興味が無いと到達出来ないレベルの知名度と考えることも出来なくはありません。
ただ、その程度の知名度とすると学校数を遥かに超える参加数であることと矛盾するので難しいところです。
もし都市圏以外での浸透率が低い場合、地方の高校からの参加者が見込めなくなるのですが…

第二回以降のどこかで中学生なども参加が認められたのかもしれません。
とはいえ、それを加味しても7000組以上というのは相当な数です。
ピン(例:松田聖子)から大所帯(例:AKB48G)まで様々な編成が許されるのがアイドルですが
描写からするに最低編成が2人(セイントスノー)、最大編成が9人(主役グループ)
他のモブグループやA-RISEを見るに3人か4人が平均的なようです。
計算しやすいように7000組参加で一組あたりの人数を3.5人とすると延べ24500人参加となります。
やっぱり全国津々浦々にスクールアイドル概念が根付いてないと高校生以外にも出場可能でもこれだけの人数は集めることは難しいでしょう。
思いっ切り主人公勢の描写と矛盾しますが、物知らずだっただけでダイヤ様のようなスクールアイドルガチ勢の方がよっぽど多いのかもしれませんが真相は闇の中です。

いや本当、なぜ7000組以上参加なんて数字にしてしまったのか…
部活で最もポピュラーな類の野球部すら3841校にしかないというのに…

・最後に
とまあ、つらつら書いてきましたがおそらく脚本の花田十輝さん以下スタッフはこの辺のことはもちろん、細かいルールなんかは書くつもりは一切無いでしょう。
必要な描写の邪魔ですからね。
邪魔とみなせば男性描写を一切カットすることすら彼らは厭いません。
一番女性アイドルに熱狂しそうなものなのですが。
同じクラスにいようものなら…ねぇ…

ともかくクソみたいなオタクが暇つぶしに考えた話と思っていただければこれ幸いです。
僕の推論も多いのでそれこそ小学生から大学生まで参加してるのかもしれません。
5年もありゃ状況も変わってそうですし。

そもそもラブライブ世界に足を引っ張るために醜いことも厭わないクソみたいな心根の人間やセンテンススプリングみたいな雑誌は存在していないでしょうし。
良い世界というべきかなんというべきか…

サンシャイン!!の方は最終回あたりで静岡県予備予選に突入するでしょうしその辺にラブライブの大会形式の謎を解く鍵がある可能性もまだあります。
頑張れ渡辺曜!千歌を振り向かせて見せるのだ!