読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的書きなぐりメモ

オタクイベントとか広島東洋カープとかについて書きなぐっていくそんな感じ

日本シリーズ個人的展望

広島東洋カープ

CSを苦労して上がったものの、本番はここからとなります。
相手となるのは、11.5差をひっくり返して来た北海道日本ハムファイターズ
広島にとってはトラウマのメークドラマに匹敵する行為をやって来た超強敵です。
ソフトバンクでも強烈だったとは思いますが、何にせよ難易度は高い相手でしょう。
相手にとって不足はない、といえますが1勝きちんとできるかというところが不安になるところであります。

 さて、交流戦成績ですが今年は

C3-2F 勝:戸田 S:中崎
C2-4F 負:ジョンソン
C4-2F 勝:野村 S:中崎

と、旭川スタルヒン(第一戦)、札幌ドーム(残り二戦)というビジターで、かつ移動を強いられながら勝ち越しています。
ただ、ウチはともかくとして向こうのエンジンが掛かりきってない印象もあるので当てになるかは微妙なところではあります。
ちなみに2015年はマツダで3連敗を喰らっています。中崎が悲鳴の中登板してセーブ失敗、戸田も打たれて負けという悲惨な事になった年ですね。
というか札幌で勝ったのが今年の第三戦が2012年ぶりという事態です。
最悪に等しい相手と言っても過言ではないかもしれません。

それに拍車をかけて来るのが相手の先発陣です。
揃いも揃って140後半~150の速球を放ってきます。
ウチの打線は速球派が苦手なので非常に苦しくなります。
大谷なんて140後半の変化球を放ってきます。どうしろと。
特に大谷の場合初めて160を出したのがウチとの対決だったりします。
プロ初登板初勝利をダルに献上したりハムにはプロの洗礼を浴びまくっています。Oh…
しかもハムの速球派先発には藤浪のような明らかな不安のあるピッチャーはいないというのもキツいところ。
大野市川も肩が強い方であり、機動力を活かした活路を拓くのも難しいと思われます。

ならば先発を粘りに粘って早いうちに引きずり下ろして…というのも有りかと思われます。
が、相手のセットアッパーは左の変則という二重に苦手がかかった宮西、左の石井、谷元と与しやすそうな相手がいないというのが苦しいところ。
石井と谷元はまだ対抗策があるかもしれませんが、好調だった場合宮西にはおそらく手が出ないと思われます。
他の中継ぎもバースは先発やってた時にエラーがなきゃ打ち崩せたか微妙なラインなので出て来ると厄介な可能性が高いです。
白村、鍵谷を早めに引きずり出す展開に出来れば多少のビハインドでも返せるかもしれません。
この二人も速球派ですが…

あるいは僅差でこらえ続けてマーティン待ちをするのも手かもしれません。
あのガバガバクイックは一日二日で矯正出来るとは思えませんし、出塁さえしたら盗塁を実際にしなくとも
圧力を掛けることでかなり有利に出来ると言えそうです。
最も、足首の状態はあんまりよくないらしいので9回を投げるかわからないのが困りモノですね。

何にせよ、速球派に強い鈴木誠也の出来が鍵を握ると思います。
タナキクマルが複数人出塁して誠也が返す流れを作れれば十分に対抗出来るはずです。
逆に新井エルドレッドといった速球派をあまり得意としない打者にはあまり期待しない方がストレスがたまらず良いと言えなくもないでしょうか。
むしろ打ったら儲けもんくらいの感じで。

さて、こちらの投手はどうかというと今年の成績だけで言うと第一戦に登板するジョンソンが打ち崩されているのが気がかりです。
札幌ドームが合わなかっただけであれば、マツダでだときっちり投げきってくれると思うのでそこまで心配はしていませんが、
もしハム側が攻略法を知悉しているならば相当厄介なことになると思われます。
そもそも対戦データがそう多くないのでなかなか見立てが立ちませんが
野村がそこそこ抑えられたので、ミスショットを少なく投げられれば黒田やヘーゲンズは通じると見ます。
岡田は…くだらないミスだけなんとかしてくれたらやれると思います。
パ・リーグにはあの手のストレートだけは強いピッチャー多いのでどうかな?って思う部分はありますが。

中継ぎ陣も最近の対戦が少ないのでなんともですが、ジャクソンが2失点喰らうなどあまり相性が良くないのが少し気になるところです。
幸いにして抑えの中崎は回跨ぎしても抑え込めているので中崎まで回せば大丈夫でしょう。
万が一があれば仕方がありません。中崎で負けるなら手のうちようがありませんからね。

キーマンはこの記事を書いている最中に引退が決まった黒田でしょうか。
チームが苦手の札幌ドーム初戦に来ることが予想される黒田がどういうピッチングでまとめるかが流れを決めるでしょう。
札幌ドームは硬めのメジャー仕様のマウンドなのでそこは心配いりませんが、果たして…

 最後に、第四戦までの先発予想と勝敗を書いておきます。
黒田に手向けの花を贈れるのか、あるいは武田勝に手向けの花を贈られるのか。
土曜からの熱戦に期待しましょう。

・第一戦
C:ジョンソン(中9日) F:増井(中8日)

・第二戦
C:野村(中9日)or黒田(中7日) F:大谷(中6日)or有原(中8日)

・第三戦
C:黒田(中9日)or野村(中11日) F:大谷(中8日)or有原(中10日)

・第四戦
C:岡田(中10日) F:高梨(中10日)