読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的書きなぐりメモ

オタクイベントとか広島東洋カープとかについて書きなぐっていくそんな感じ

日本シリーズ総括

…あまりに負けっぷりが酷かったのでしばらく書く気力が湧きませんでしたが
ようやく多少気力が湧いたので少しだけ振り返ってみたいと思います。

やはりターニングポイントは第三戦の松山突っ込みすぎて爆死、1点勝ち越されるだったでしょうか。
あそこで中田に回した時点で守備固め赤松、打撃を考慮して野間を使っていたならまず間違いなくアウトを取れていたので
9回に点を取れる流れがそのまま続いたと仮定すれば、まず間違いなく3連勝で王手をかけてうまく行けば札幌で日本一になっていたでしょう。
実際あそこを0でしのいでも絶対勝てたとまではいいませんが、勝つ確率は限りなく高かったと思います。
シーズン中ならやらない形でしたが、菊池の不調があってシーズン中はあまりやらないバントを多用する形を使っていたので
守備の面でも柔軟に、シーズン中の形を使わないという選択肢はあってよかったと思います。
第四戦以降の采配がことごとく流れに反してしまい一切が裏目になり、流れを遂に取り戻すことができなかったクソのようなことにはならなかったでしょう。
中継ぎ起用云々もありますが、2種類しか球のないジャクソンを6連投させたのは明確なミスといえますが
今村・中崎・ジャクソンに迫る信頼を得られた中継ぎもいなかったのもまた事実として留めておかねばならないと思います。
ヘーゲンズはどうした?と思わなくもないですが、第六戦のコントロールのアレっぷりを見たらビジターの接戦に使いたくない、と思わなくもない感じだったので絶対的なミステイクとは言えないでしょう。
だからって6連投もさせたらパターン見切られちゃうよねって話ではありますが。

とりあえず、緒方監督にはなんとかもう一度セ・リーグを獲るチームを作ってもらい、今回の教訓を刻み込んで日本一を目指してもらいたいと思います。
僕個人としては緒方監督の采配に思うところもないことはないですが(特に2015年)、新監督でリセットするのも大変馬鹿らしいのでこの経験を胸にきっちりやり返して欲しいです。
…そろそろ丸、菊池辺りがFAになるので猶予もあまりありませんしね。