読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的書きなぐりメモ

オタクイベントとか広島東洋カープとかについて書きなぐっていくそんな感じ

内田真礼2ndLIVE Smiling Spiralに行ってきました

イベント回顧 ライブ感想 内田真礼

ということで、このブログ初のライブの話的な何かです。
1stも行っていたので、今回は持ち歌が増えた中で前回から増えた2+6を軸にどれを厳選して15位で収めてくるかなー、とか色々考えてました。
なので、実際にセトリ目の当たりにしてよく頑張ったなあ、とまず思いました。

私が一番最初に彼女のライブを見に行ったのは今は亡きCubism(生き返れ生き返れ…)とかいう札幌のイベ(2014/5)で
ライブハウスに100~130人位がいたかなー、って小さなイベントだったんですが、
その時は創傷イノセンスのリリイベの延長線上にあったような感じのイベントで、アーティストとしての持ち歌は二曲しかなかったんですが
すぐヘロヘロになっていて
その後、僕が見たのだと今はなきゆうぽうとホールのP'sLive(2014/6)と横アリのP'sLive2(2015/3)が有りましたが、やっぱりヘバッてヘロヘロ気味だった記憶があります。
そこからすると1stの時点でもかなりの成長といえるのですが、今回はギミックが多いなか最大21曲、細かいアレはあれど大きな破綻なく歌い切れるようになっていたというのは驚きましたし感嘆しました。
セトリが25・26で変化があったのも意外っちゃ意外でした。海のリハク並の節穴でしたね。

セトリは大まかに明るい曲ゾーン→中二病曲ゾーン→しっとりゾーン→和太鼓ゾーン→明るい曲ゾーン2→アンコール→ダブアン(26のみ)
ってな塩梅で配置されており、僕としてはそれぞれのゾーンに聞きたい曲が散りばめられており、バランスが良いと感じました。
個人的には25日がベストに近いセトリだと思います。

しかし会場もいきなりスフィアやらアニメ紅白なんかがよくやってる代々木第一体育館でソロ+生バンドという時点でかなり投資されてるのは間違いないですが
ダンサー増員や和太鼓パフォーマー(!?)など豊富なギミックでアトラクション感をこれでもかとテンコ盛りにしてきたのはぶったまげました。
ポニーキャニオンの本気を伺えます。
それと今回はライブ感重点で変わったアレンジをぶっ込んで来たのも特徴でしょうか。
一番をしっとり目にした金色の勇気、アコースティックにしたLife is like a sunny day、
和太鼓をぶっ込むという超大胆なアレンジを加えたモラトリアムダンスフロア~からっぽカプセルクロスファイアの流れはライブならではの変化がとっても素敵だったと思います。
進化が如実にわかって、ちょっと感慨にふけっちゃうというか。

見た時はP'sLiveの予習のつもりで札幌来るし見に行ってみるかァ位の気持ちで踏み入ったアーティスト内田真礼ですが
いつの間にやらピンのライブはとにかく行きたい!と思えるまでになり
今回は二日間両方行ったわけですが、とにかく凄くハッピーになるライブなので批判的な目がない人には強くおすすめしたい、と思う次第であります。
あまりの多幸感に晩飯食いに行った大戸屋で外国人店員の拙い日本語もニコニコしながら流せたくらいに頭がハッピーになってました。
というか表情緩みっぱなしでさぞかし気色の悪い事になっていたと思います。反省。
ZAQとすみぺが参加する5thシングルの発売日、ライブBDの発売(25日分も収録してください)、3rdライブ開催の知らせを待ってますぞ。

最後に、ライブで印象に残った楽曲を並べていきます。

・モラトリアムダンスフロア
和太鼓が衣装替えのタイミングでヌッと出てきた時は驚愕しましたが、この曲のイントロがかかって納得。
太鼓と相性がいいのが印象的でした。

からっぽカプセル
原曲にない和太鼓ぶち込まれて、それでいて破綻がないという絶妙なアレンジ。
素晴らしい案だと思うし後半に向けて盛り上げる意味では大成功だったかと。

ギミー!レボリューション
ベタですけど一番盛り上がる曲の一つですし、レスキュー!したいしされたい。気持ちがいい。

・Smiling Spiral
2連続田淵楽曲ですけれども、まーやっぱり聞いてて気持ちがいいです。ウェーブがいまいち合わなかったのはちょっと残念でした。
時間の都合もあったと思うんですけど、曲前に練習挟んできっちり合わせたらもっと良かったかもしれません。

・Hello, future contact!
25日のトリ楽曲にしてまた田淵楽曲です。お前ベタ好きだなあって思われるかもですがベタが好きなんですよボカァ。
明るくて盛り上がるけど歌詞が〆向きというライブ向けの良い楽曲で、前回に続き今回も明るく多少の寂寞感を残して〆てくれました。

・TickTack…Bomb
聞きたいけどPENKIの楽曲とか考えたらセトリ落ちもあるかなあと思っていたので
しっかり聞けて安心した覚えがあります。いつもの曲よりおとなしめで囁くような感じがライブでも感じられてベネ。

・金色の勇気
キーボードのみで始まった一番にびっくり、歌詞ともハマるアレンジに感嘆。今回のダークホース的な楽曲でした(個人的にはセトリ落ちを考えてたので)。

・高鳴りのソルフェージュ
札幌で初めて生で聞いたときからずっと思ってますけど、尊い
内田真礼という人間の生き方みたいな感じが滲んでると思います。※個人の解釈です。

創傷イノセンス
一番聞き慣れてると言うのもありますが、非常に盛り上がりますし曲調が個人的に好みなので、不動の上位にいる楽曲です。
大サビ前の「私の道は私が決める」ってセリフが最高に彼女の生き方を象徴していてロックで好き。本当好き。※個人のry

僕からは以上です。